青山花茂のサブスク「季節の花の定期便」 こだわりのポイントとお届け事例のご紹介

オレンジの花々の定期便を作っているシーン

青山花茂がお届けするサブスク「季節の花の定期便」をリリースしてから、4月で1年を迎えます。
おかげさまで、リリース以来多くのお客さまにご利用いただいています。本当にありがとうございます。
今回のブログでは、「季節の花の定期便」のこだわりポイントお届け事例などを詳しくご紹介していきます。

青山花茂のサブスク「季節の花の定期便」とは

1904年の創業から引き継がれている、「お客さまに“本物の花体験”をご提供する」という青山花茂のこだわりはそのままに、切り花の質の高さと、上品な花合わせを日常でも楽しんでいただきたいという思いから誕生した「花のサブスク」サービスです。

他の花のサブスクと比較すると確かにお値段は高いのですが、お花の品質の違いをよくご存知のお客さま方から高い評価をいただいており、おかげさまで、継続率はとても高い状況です。

コースは2種類

気軽に始めやすいベーシックプランと、ご希望のテイストをお聞きし特別な花合わせをお届けするプレミアムプランの2つのプランをご用意しています。

ベーシックプランは、花瓶に入れやすい状態に束ねた切り花を全国に発送します。
プレミアムプランは、花瓶に入れた状態でお届けし、青山花茂の配送員が花瓶ごと毎回お取り替えをするので、東京23区限定のプランです。

お届けの頻度は、いずれのプランも毎週・隔週(第1・第3週)・月1回(第1週)からお選びいただけますが、花の鮮度にこだわっているので、指定できるお届けの曜日は、仕入れ日から近い曜日に限定しています。

季節の花の定期便特集ページへ

定期便を製作しているシーン

プレミアムプランのお届けまでの流れとこだわりのポイント

青山花茂のこだわりがつまった季節の花の定期便。

今回は、季節の花の定期便プレミアムプランをお届けするまでの流れとともに、こだわりのポイントを皆さまにご紹介していきたいと思います。

お客さまのご要望に合わせてカスタマイズ

プレミアムプランの場合、ご注文をいただいた後、スタッフよりお客さまへいくつかの質問をします。
質問内容はご自宅での花の置き場所やお好みのシルエットなど。ライフスタイルやご希望のテイストを理解し、お客さま専用のカルテを作成します。

リビングに置かれた白い花瓶花

お届けするのは最高品質の花だけ

お客さまのもとで長く花を楽しんでいただくには、「良い花を仕入れ、適切に管理して、素早くお届けする」これに尽きます。独自の目利きで仕入れた高い等級の花を使用し、少しでも長くお楽しみいただくために速やかに適切な水あげ処理をして、滞留させることなくできるだけ早くお届けしています。これはベーシックプランもプレミアムプランも同様ですが、花が多く入荷したその日に制作し、できるだけ早く発送することを心がけており、その結果、お届けできる曜日が限られてくるのです。

花々が豊富な青山花茂の店内

全て自社のフラワーデザイナーがつくります

制作の際は、お客さまのカルテを見ながら、お届けする花のイメージや花材を考えます。
お客さまのお好みや、前回お届けした花の内容も併せて確認して、毎回お楽しみいただけるよう工夫しています。青山花茂の季節の花の定期便は全て、経験豊富な自社のフラワーデザイナーが作るので、それぞれのお客さまに合った上品な花合わせが可能です。

ピンクのラナンキュラスと桜をもつフラワーデザイナー
啓翁桜の枝に、鮮やかなピンクのラナンキュラスを取り合わせ

例えば、「(より長い期間楽しんでいただくために)桜は蕾が多い状態でのお届けになるので、華やかなラナンキュラスを一緒に合わせる」「春らしい甘く優しい香りを楽しんでいただくためにフリージアやスイートピーを入れる」など、お客さまのお好みに加えて、花の咲くタイミングや咲き方、香りなどにも配慮しながら選んでいます。

季節の花の定期便をつくっているシーン
花瓶を含めた全体のバランスを確認しながら花を束ねます

プレミアムプランの場合、花を組んだあと、メッセージカードを添えて梱包します。
メッセージカードには、使用した花の名前やフラワーデザイナーの花合わせのこだわりなどを記載しています。どんな花が使われているのかを知ることができるので、定期便が届く度に花に詳しくなれそうですね。

メッセージカード を書いているシーン
プレミアムプランでは、お客さまへのお手紙のように、ひとつひとつメッセージカードを添えています

最後に、専用の交換用ボックスに入れてお客さまのもとへお届けします。届いたら、前回の花瓶を返して、新しい花瓶ごと飾るだけ。プレミアムプランの場合は、茎の足元の処理や、水替え、資材を片付けるなどの必要がないので手間いらずです。

お届けした花々【2022年1月-3月】

実際にお客さまのもとへお届けした季節の花の定期便(プレミアムプラン)の事例をご紹介します。1月から3月は春の花々の種類が豊富で最も良い状態のため、明るく色鮮やかな花合わせが特徴的ですね。

ピンクのバラをメインとした定期便

ピンクのバラの定期便

バラがお好きなお客さまには、数輪のバラと旬の花々を合わせた品物をお届けしています。
今回はピンクの鮮やかな大輪バラをメインに、ピンクとグリーンのポンポン咲きのラナンキュラス・淡い紫とピンクのスイートピーなどを合わせて華やかに仕上げました。

数種類のラナンキュラスを使った定期便

オレンジのラナンキュラス の定期便

オレンジの大輪ラナンキュラスに、フリルのような花びらが可愛い白とグリーンのポンポン咲き、艶やかに輝く黄色のラックスラナンキュラス。3種類のラナンキュラスの組み合わせが明るく爽やかな印象です。
お客さまのお好みや置き場所に合わせて、高さのある花瓶に仕立てています。

繊細な色使いが魅力の定期便

紫のチューリップの花の定期便

紫のトーンのチューリップやパンジー、アネモネに淡い黄色のスイートピーやグリーンのリーフを合わせました。華やかなパンジーの香り漂う、春の花壇を思わせるような仕上がりです。

春の日差しのような印象の定期便

黄色いガーベラの定期便

チューリップやガーベラなどの淡い黄色の花々に、白いスイートピー。
うつむいて咲く花のクリスマスローズも添えて、やわらかな花色の花瓶花に仕上げました。

本物の花体験をご自宅で

青山花茂の思いがつまった季節の花の定期便。他の花のサブスクサービスとはひと味違う、切り花の質の高さと上品な花合わせをご自宅で体験してみてはいかがでしょうか。

これからもこちらのブログで季節の花の定期便を紹介していきたいと思います。

 

この記事を書いた人

青山花茂ロゴ画像

青山花茂本店

東京・表参道にある宮内庁御用達の生花店です。花一輪一輪を大切にお作りしたアレンジメントや花束、名人達が丹精こめて育てた蘭鉢や花鉢など、最高品質のフラワーギフトを全国へお届けしています。1904年の創業時より培ってきた、花の知識やノウハウを綴っていきます。
オンラインショップへ>