妻に、彼女に、あの女性に 誕生日に花のプレゼント 選び方と贈り方

誕生日に贈るフラワーギフトの画像

誕生日は、大切な記念の日。青山花茂のフラワーギフトのご用途の中で、最も多いのが誕生日のお祝いです。お祝いの気持ちを花のギフトで伝えてみてはいかがでしょう。花のプレゼントといっても、スタイルはいろいろ。今回は、奥さまや彼女、身近な女性へのフラワーギフトの選び方や贈り方をお伝えします。

誕生日に花を贈る 気持ちを伝えてくれる花 選ぶコツは?

身近な人の誕生日。「今年はどうしよう」と、贈り物に悩む方も多いのではないでしょうか。
親しい方へ、花を贈って気持ちを伝えてみませんか?
どんなプレゼントが喜ばれるのか、とお困りの方も、ぜひ参考になさってください。

贈る花の選び方 花束、アレンジメント、色や花言葉 相手のことを考えて

花束をプレゼントしている画像

ドラマや映画で、花を贈るシーンは見慣れているものの、実際に贈るときには、どう選べばいいか迷うこともあるかと思います。
花を贈るときには、ぜひご自身もお花選びを楽しみましょう。
まずは、誕生日の花の贈り物を選ぶときに、押さえておきたいポイントについて、花のスタイル、色や種類、贈り方などをご紹介します。

相手の好きな花、色を選ぶ

誕生日ギフトの花選びは、どんな花を贈ろうかと迷うことも楽しみの一つです。
お相手の方が好きな花、好きな色を選ぶことが基本ですが、どんな花を好きなのかわからないときは、気軽に生花店で相談してみましょう。相手の印象や贈る季節などから、プロの視点でふさわしい花を提案してくれます。

サイズ感にも注意

食事など外出先で花を渡す場合は、相手が持ち帰るシーンを想像することも大切です。
例えば渡した瞬間に喜んでもらえる大きな花束も、持ち歩くときには負担になることもあるでしょう。かといって小さすぎると寂しく見える場合もありますので、品良くデザインされた花束を贈りましょう。
大きな花束を贈ろうと思った時には、花束を入れる袋を準備しておく、そのまま飾れるようなアレンジメントにする、長く楽しんでいただけるよう蘭鉢にするなど、見た目の豪華さだけでなく、相手の立場で想像することが大切です。

品質の良さが何より大切

誕生日に贈る花は、相手の方がこの世に生を受け、ここにあることを喜ぶ特別なもの。一年に一度の大切な日を彩る花は、ボリュームよりも品質の良さを優先したいものです。贈った瞬間はもちろん飾ってからも、できるだけ長く楽しんでいただけるよう、品質にこだわった花選びをすると安心です。

郵送や宅配なら、アレンジメントやフラワーボックスなど贈る形も考える

誕生日に会えない、遠方に住んでいるといった場合には、誕生日に郵送や宅配で花を届けましょう。
その場合の花は、アレンジメントやボックスフラワーで贈ると、届いた花をそのまま飾ることもでき、受け取った方の手間を取らせず喜んでいただけます。また胡蝶蘭の鉢やプリザーブドフラワーも、手間のかからないフラワーギフトの一つです。

郵送や宅配で贈る場合は当日のお届けが難しくなります。誕生日に遅れないように、数日前から当日の間に届ける手配をします。フレッシュな花を美しいまま贈ることができるよう、相手の方のご都合も確認しておくといいでしょう。

花言葉に縛られない メッセージを添えて

花の贈り物では、花言葉を気にして選ぶ方もいらっしゃいます。
花は、贈るシーンによっては注意点もありますが、花言葉にとらわれすぎる必要はありません。
花言葉よりも、ご自身の気持ちを伝えることが大切。誕生日に贈る花に、メッセージカードを添えることをおすすめします。
贈る方からの言葉が、何よりうれしい贈り物になるはずです。

海外に贈るなら 現地の文化や風習に合わせて

海外にお住いの方に花を贈る場合は、確認しておきたいことがあります。
国による、背景や文化・風習の違いです。

例えば、ドイツ、ポーランド、スウェーデンでは、日本で母の日に贈るカーネーションが、また西洋の広い範囲で白ユリが、葬儀の花として知られます。白ユリはキリスト教のカトリックでは受胎告知のテーマの花であり、それが葬儀の花の印象を持たれる由来と思われます。またエレガントなイメージの「薄紫」は、フランスでは「喪」をイメージさせる色と言われています。

海外に花を贈る場合は、依頼した日本の生花店から直接、物理的に花を贈るのではなく、生花店が加入している海外のネットワークを使って、現地の生花店が手配してお届けします。
ですので、花の希望などあまり厳密に指定せずに、誕生日用のフラワーギフトであることを伝えれば、現地の慣習にふさわしい花をえらんで、花束、アレンジメントなどにまとめてくれます。

相手別 シチュエーション別 渡し方とおすすめの花

贈る楽しさと選ぶ楽しさがあるフラワーギフト。誕生日の贈り物なら、旬の花や季節の花を使うなど、その人らしさを花から感じることもできるでしょう。
奥さまやお母さま、娘さんやお孫さん、彼女や友人はもちろん、お仕事でのお付き合いなど、贈り物をするときに、花を選んでみてはいかがでしょう。年代やシーン別に、おすすめの花をご紹介いたします。次のお誕生日には花を贈ってみませんか?

20代、30代 彼女の誕生日にサプライズの花束

赤とピンクの色調の花束
B-196 花束<アリシア>

お付き合いしている彼女への誕生日の花束は、サプライズで。

20代、30代の女性の方への贈り物は、お相手のファッションや好みに合わせて選ぶのが良いですが、よくわからないという方は、ピンク系、赤系の派手すぎない色合いであれば、まず「外す」ことはないように思います。

直接会って渡すなら、デートの途中に立ち寄ってさっと受け取れるよう、事前に生花店に予約しておく方法もあります。「ブーケタイプで」と伝えて持ち歩きしやすい花束を作ってもらうと、相手の方にも負担にならず安心です。

30代、40代 妻の誕生日にバースディディナーと花束

約50本のヒマワリの花束
B-076 花束<サンフラワー>

奥さまのお誕生日には、お祝いの気持ちはもちろん、仕事・家事・子育てに忙しい妻をねぎらう気持ち、感謝の気持ちも込めて花を贈りたいものです。

例えば、「元始女性は太陽であった」という平塚らいてうの言葉から、太陽をイメージしたイエローの花束や、くつろぎを感じるグリーン系花束、変わらぬ愛情を伝えるバラの花束など、お気持ちをイメージした花束で日頃の感謝を伝えてみてはいかがでしょう。
誕生日に外でディナーを楽しまれる場合、お食事予定のレストランでサプライズプレゼントできるようにすると、奥さまにも喜んでいただけるのでは?
青山花茂では、都内レストランへの事前配送も可能ですので、お気軽にご相談ください。

50代、60代 遠くに住む母に宅配で届ける花はボックスタイプも人気

ボックスフラワーアレンジメントの画像
BX-001 BOXアレンジメント<フルール・ドゥ・パティシエ(シトラス)>

遠方など離れて暮らすお母さまへの花の贈り物は、豪華さとお手入れのしやすさ、花持ちの良さから、人気の胡蝶蘭を贈られてはいかがでしょうか。なかでもピンクの花びらに赤いリップのミディ胡蝶蘭は華やかで、おすすめしたい贈り物です。

宅配でお届けする場合は、ボックスアレンジメントも人気があります。高級感のあるボックスにサテンのリボン、ふたを開くと中からフレッシュな花々が目に飛び込んできます。

シニア層の方には落ち着いた色の花を選びがちですが、私どもの経験では、むしろ明るく華やかなお色を好まれる方が多いと思います。
クールなボックスと華やかな花々の組み合わせは、息子さんからお母さまへのフラワーギフトとしても最適です。

父から娘へ、祖父母から離れて暮らす孫へ、家族に贈る花

赤やピンクのカーネーションのアレンジメントの画像
A-315 アレンジメント<クレア>

お父さまからお嬢さまへも、花のプレゼントで気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。
赤やピンクの花々と清らかな白いデンファレが、爽やかで明るい気持ちにさせてくれます。

また、祖父母からお孫さんへ贈る花も、季節感や贈り物の文化を伝える良い機会になるでしょう。
明るい色味のアレンジメントで、誕生日のお祝いの気持ちを贈ってはいかがでしょうか。

取引先の社長に、会社としてお誕生日祝いの花を贈る

バラやカラーやシンビジュームのアレンジメント
A-312 アレンジメント<フォンテーヌ>

誕生日祝いは、家族や個人的に親しい間柄だけでなく、仕事でお付き合いのある方へ贈られる機会があるかと思います。

青山花茂のお客さまの中でも、取引先の社長さまへ、会社からの贈り物として贈られる方が多くいらっしゃいます。
ご予算は1~5万円までで、アレンジメントを選ばれることが多いようです。お仕事関係の方への贈り物ですので、質の良い花を贈ることを優先すると良いでしょう。
青山花茂の「フォンテーヌ」は、バラやカラーといった気品と豪華さを持つ花と、フレッシュなグリーンのシンビジュームが互いを際立たせる優美な印象のアレンジメント。晴れやかなお気持ちになっていただけるデザインで、法人間のお誕生日祝いでよく選ばれる品物です。

取引先さまへのお届けは、お誕生日当日か前日に届くように手配をしましょう。

常連のお店のママさんに贈るなら、誕生日の前に贈るのがマナー

ピンクの色調のスタンドフラワー
A-070 スタンド花バスケットスタイル(ピンクの色調)

繁華街の飲み屋さんで、ママさんや従業員の誕生日イベントにたくさんのお花が届いているのを目にされたことはあるでしょうか。スタンド花やアレンジメント、蘭鉢など実に様々な贈り物が届けられます。

デザインの揃った花が良い場合など、お店側が生花店を指定する場合もあるので、せっかくのお祝いイベントをお店の方と一緒に盛り上げるつもりで、招待状が届いたらお店に確認するのが良いでしょう。

誕生花とは?

宝石に誕生石があるように、花にも誕生花と呼ばれるものがありますが、あまり厳密なものではなく、どちらかといえば、季節の花、旬の花といったところでしょうか?
老若男女を問わず、どなたにも喜んでいただける花は、誕生日に気持ちを託して贈りたいもの。
各月の誕生花とされる花の中から一つをピックアップし、その特性についてご紹介しましょう。

1月の誕生花はシンビジューム

グリーンのシンビジュームの画像
「シンビジューム」での商品検索結果一覧|青山花茂

1月の誕生日の花・シンビジュームは、12月から4月にかけて開花するラン科の多年草です。上品で洗練されたイメージがあり、白、ピンク、オレンジ、黄、緑、茶、褐色と豊富な色が人気。輸入花材により、切り花では通年のご用意が可能です。

2月の誕生花 香り高い フリージア

白いフリージアの画像 2月の誕生日の花・フリージアは、赤、ピンク、オレンジ、紫、褐色など色の種類が多く、切り花としても人気がある、アヤメ科の花です。「天然の香水」とも呼ばれる芳香は、特に黄花と白花で強く、自然由来の香りが多くの方に喜ばれます。

3月の誕生花は色や形が豊富なチューリップ

チューリップの画像
チューリップの商品一覧|青山花茂

3月の誕生日の花は、花も葉もシンプルで美しいチューリップです。色のバラエティはもちろん、八重咲きやパーロット咲きなど形の種類は数多く、世界中で人気があります。春を象徴する花の贈り物として、幅広い年齢層に喜んでいただけるでしょう。

4月の誕生花は日本を代表する花 桜

桜の花の画像
桜の商品一覧|青山花茂

4月の誕生日の花は日本を代表する花の一つ、桜。毎年染井吉野(ソメイヨシノ)の開花が日本に春の訪れを運びます。野外で桜の木を愛でるお花見だけでなく、桜を使った花束やアレンジメントで、お手元に春を贈るのはいかがでしょうか?

5月の誕生花はカーネーション

色とりどりのカーネーションの画像
カーネーションの商品一覧|青山花茂

5月といえばカーネーション。母の日に贈る花として親しまれ、花びらがフリルのよう重なり合う豪華さが人気で、フラワーアレンジやブーケにも幅広く利用されます。色は、赤やピンク、白やグリーンがあり、贈る相手のイメージで選ぶと良いでしょう。

6月の誕生花は花の女王 バラ

赤やピンクのバラの画像
バラの商品一覧|青山花茂

6月の誕生日の花は、花の女王ともいわれるバラ。贈り物でも世代を問わず、多くの人に喜ばれるバラは、色も形も多種多様です。通年を通して仕入れが可能で、青山花茂の切り花の中でも、最も取り扱い量の多い花です。

7月の誕生花はユリ

ピンクのユリの画像
ユリの商品一覧|青山花茂

7月の誕生日の花は、華やかで洗練された印象のユリ。日本では古くから愛されてきた花ですが、生花店で扱われているのは品種改良された「オリエンタル百合」が大半。色の種類は豊富でボリュームがあり、アレンジメントや花束を豪華な印象にしてくれます。

8月の誕生花は夏の太陽のようなヒマワリ

ヒマワリの画像
ヒマワリの商品一覧|青山花茂

明るく鮮やかな黄色い花ヒマワリは、8月の誕生日の花。元気を与えてくれる爽やかな印象は、初夏から晩夏までのお祝いの贈り物に最適です。花の大きさは種類によって異なりますが、花束にしてもインパクトがあり、若い方への贈り物としておすすめです。

9月の誕生花はリンドウ

リンドウの画像
リンドウの商品一覧|青山花茂

控えめな色合いが、見る人を惹きつけるリンドウは、9月の誕生花。夏から秋にかけての代表的な山野草です。筒状の花が静かに開く姿が可憐で、花束としても、アレンジメントでも人気の高い花です。

10月の誕生花はガーベラ

ピンクのガーベラの画像 10月の誕生日の花・ガーベラ、色のバリエーションが豊富で大変人気のある花です。花束やアレンジメントに入るとポップで可愛らしい印象になります。色の選び方しだいで、幅広い世代の方に喜ばれるでしょう。

11月の誕生花は、種類も豊富な菊

ピンクのピンポンマムの画像
「ピンポンマム」での商品検索結果一覧|青山花茂

11月の誕生日の花はキク。英名はマムと呼ばれ、ローマ在住時のオードリー・ヘップバーンはホワイトマム(白菊)を愛しました。種類が豊富で日持ちもよく、和風アレンジメントなどでもよく利用され、特にコロンとしたフォルムのピンポンマムは人気品種の一つです。

12月の誕生花は洋ランの女王 カトレア

ピンクのカトレアの画像 12月の誕生日の花はラン科のカトレアで、洋ランの女王とも呼ばれています。かつては、大輪系はブーケやコサージュとしても利用されることも多かったのですが、需要の変化とともに切り花の出荷は減り、現在は鉢物でのお取り扱いが大半です。

気持ちを伝える花選びなら 青山花茂にお任せください

お誕生日のお祝いなど、花の贈り物でお気持ちを伝える特別な日。青山花茂では、花選びから受け渡しにいたるまで、幅広くお客さまをサポートできるサービスをご用意しております。本記事でご紹介いたしましたレストランやホテルへの宅配も、可能な場合もありますので、まずはお気軽に、青山花茂(Tel:03-3400-0871)へご相談ください。

 

 

 

この記事の監修者

青山花茂本店代表取締役社長北野雅史の画像

青山花茂本店 代表取締役社長

北野雅史

1983年生まれ。港区立青南小学校、慶應義塾中等部、慶應義塾高等学校、慶應義塾大学経済学部経済学科卒業。幼少期より「花屋の息子」として花への愛情と知識を育む。2006年〜2014年まで戦略コンサルティングファーム A.T. カーニーに在籍。2014年、青山花茂本店に入社し、2019年より現職 (青山花茂本店 五代目)。
ご挨拶ページへ>


カテゴリ: