オレゴンツリー

クリスマスも近づき、街は素敵なイルミネーションであふれています。
クリスマスツリーも、小さなものから大きなものまで、至るところに飾られています。

青山花茂は今年も、様々なお店やお宅にクリスマスツリーを設置させていただきました。

その中で今年、巴裡小川軒様の目黒店に納品させていただいたツリーは、
通常のツリーと一味違う品物にさせていただきました。

DSC_6031

実はこれ、国産モミの木でなく、米国産の「オレゴンツリー」です。
以下の比較写真をご覧になって、違いがわかるでしょうか?

国産モミの木(2m)
国産モミの木(2m、根付き)
オレゴンツリー(約2m、切枝)
オレゴンツリー(約2m、切枝)

オレゴンツリーは、

【ボリューム感がある】
木姿が違います。葉が密で、「節間」(枝と枝の感覚)が短く、
ボリューム感があり、綺麗な三角すい型をしています。

厳しい寒さの環境下で育てないと、密度高く育たないので、
国産ではどうしても枝と枝の間が広くなってしまうのです。

【葉が落ちにくい】
国産モミの木の切り枝タイプと比較して、葉が落ちにくいという特性もあります。

【稀少性】
お値段が国産の1.5倍ぐらいすることもあって、取り扱いのある店は少ないです。
国産モミの木はオレゴンツリーと比してお値段もお安いですが、海外のお客様はやはりオレゴンツリーを好まれます。

【オレゴンツリーは要予約】
オレゴンツリーの難点は、船で輸入するので、10月までに予約が必要なことです。
来年はオレゴンツリーのご予約を受け付ける予定ですので、
是非お問い合わせください!

DSC_6025