お中元に贈るグリーン・フラワーギフト

青山店では、初夏から夏にかけて咲く花、芍薬やアジサイやヒマワリが店内を彩っています。

 

この時期になると耳にするようになるのが、「お中元」ですよね。

「お中元」というのはちょっと古い言葉でしょうか。
そういえばどういう意味かな、と思って調べてみました。

江戸時代までの、季節を表すことばの一つで、旧暦の七月十五日・お盆のときを示す言葉だそうです。稲作が主産業だった近世の日本で、農閑期の休暇の時期に労いの贈答を贈ったのがはじまりとか。

現代では、夏休みを迎える前ころに、お世話になっている方へのさりげない感謝の気持ちを伝える伝統の習慣。サマーギフトのご挨拶は、厳しい暑さの季節に「暑さに気を付けてお元気にお過ごしください」という心のこもったメッセージを伝える機会といえるでしょう。

クールビズで服装を軽くし、エアコンを控えめに、水分補給を心がけて暑さをしのぐ毎日。そんな時期に贈りたい、涼しげで爽やかな印象の鉢物を3点、お勧めします。

 

1点目は、観葉植物。

オンラインショップでも観葉植物を複数ラインアップしていますが、いずれもお手入れの手間の少ない、丈夫な植物をスタイリッシュな鉢植えに仕立てています。

光合成で酸素を生み出し、蒸散作用で室温も下げてくれるような、目にも優しい観葉植物は、夏場に最適なギフトです。
中でもこちら「サマーグリーンの寄せ植え」は、この時期の一番人気です。

 

サマーグリーンの寄せ植え

 

2点目は、蘭鉢。

「グラマトフィラム」という暑い時期だけの蘭です。
涼しげな水流を思わせるようなアーチフォルムに花茎を仕立てた、豪華な蘭鉢です。甘く豊かな芳香もあり、「いつも送っている胡蝶蘭とは違う蘭を」とリピートいただく法人様も多い品物です。

 

グラマトフィラム<ヒヒマヌ>

 

最後に、花鉢をご紹介します。

この時期の花鉢といえば、アンスリウムやハイビスカスもありますが、上質な陶器鉢に仕立てた大輪のカサブランカの鉢もオススメです。
切り花では一年中見かけるユリですが、本来の開花期は初夏から夏にかけて。6月下旬から7月上旬の短い期間だけのお届けとなりますので、ご注文をお忘れなく。

 

カサブランカの鉢植え※6/20より販売開始

 

いずれも比較的長くお楽しみいただける、夏のギフトをご紹介しました。

毎年ビールやハムばかりでは・・・という皆さま、ぜひお中元やサマーギフトに、青山花茂のギフトをお選びください。


カテゴリ: