母の日ギフトの撮影風景

5月12日(日)の母の日まで、1ヶ月を切りました。

今年も新たなお品物をたくさんご用意させていただきました。
鉢物はバイヤーが十分に吟味した逸品ばかり。
アレンジメント・花束・プリザーブドフラワーは大半が新たなデザインです。

 

今回は、それらの商品開発の風景をご紹介します。

まずはカタログ制作のための商品撮影。

毎年3月上旬頃、ずっとお世話になっている近くのスタジオで、
アレンジメント・花束・プリザーブドフラワーなどの撮影を行います。

アングルや光の調整を入念に。

 

自分たちで撮影する設備もあるのですが、
プロに頼むと、とてもみずみずしく、花本来の色味が出る写真を撮ってくださいます。

難しいのは白い花と暗い花で、白い花は色が「飛び」やすく、
暗い花はその花だけに光を当てたりして色味を出していきます。

 

やはり撮影した画像を見て、「この花の位置を変えたい」ということも多くあり、
現場で花を挿し直しながら完成に至ります。
どうしても、三次元的に人の目で見るものと、撮影した二次元の画像では
違いが出てしまうんですよね。

細かい作業で、結構時間がかかります。

 

デザイナーへの商品開発の指示は、撮影の1ヶ月ほど前から。
色味・シルエット・価格帯・花器などの要件を指示して、

それぞれが思いを込めて、時間をかけてデザインします。

 

それでも、お蔵入りするデザインや、当日大きく花材を変えざるを得ない品物もあります。

どんなに入念に検討しても、撮影してみないとわからない部分があり、
撮影当日にさらに完成度があがることになります。

お客様に、より満足していただく品物ができますし、
このような機会を通じて、さらにデザイナーの腕が上がっていくとも思っています。

 

こうして出来上がったのが、こちらのカタログ。
WEB上でご覧いただけますので、ぜひチェックしてみてください。

青山花茂 母の日ギフトカタログ
http://www.aoyamahanamohonten.jp/blog/wp-content/uploads/2019/03/2019mf_hanamo_catalog.pdf