桃の節句のフラワーギフト

3月3日は、桃の節句(上巳の節句)。
女の子の幸せを願い、ひな人形や花桃(はなもも)を飾る習慣がありますね。

 

3月3日に花桃を飾る習慣があるのは、桃の魔除けや厄除けの効果があるとされていたことと、旧暦の3月3日(新暦でいう4月上旬頃)が花桃の開花期だからです。
今年も、平年並みなら3月下旬から4月上旬に、庭や街路に咲く花桃を見ることができるでしょう。


明治に入り、新暦(太陽暦)が採用され、3月3日の桃の節句は花桃の開花期からズレましたが、3月3日にあわせて開花する花桃を出荷するために、生産者さんが「促成栽培」をしています。

(以前のブログでもご紹介しています。>>ブログ「神奈川の花桃」


そんな花桃を使ったお品物、3点をご紹介。


まずはアレンジメント。花桃を春の花々で囲んだ、ひな祭りらしい小ぶりな品物です。

アレンジメント<ひなまつり>
アレンジメント<ひなまつり>


こちらは淡いピンクのチューリップやラナンキュラスといった春の花との組み合わせで、とても華やかなアレンジメント。

アレンジメント<スプリングプラム>


そして、花桃と菜の花の伝統的な取合せでお作りした花束。

桃と菜の花の花束


娘さんや、姪御さん、お孫さんの幸せを願ってのご贈答はもちろんのこと、季節の花として女性へのプレゼントにもおすすめです。


花桃は2月から3月初旬頃までと、とても短い期間のお取り扱いです。

どうぞ時期を逃さず、今だけのフラワーギフトをお楽しみください。

 

青山花茂オンラインショップはこちら
http://www.aoyamahanamohonten.jp/

お電話でのご注文はこちら
03-3400-0871


皆さまのご利用、心よりお待ちしております。